ぷよ主流4派プレイスタイル個別解説

ぷよぷよ コラム

どのスポーツにも型があるように、ぷよぷよというゲームにも型がある。

今回はぷよぷよのプレイスタイルを4つに大別してみたいと思う。

①対応型(青龍)

相手の出方を待ち、催促や潰しに対し適量を返していきリソース有利を狙う。

現代ぷよにおいて最もスタンダードな型(だと勝手に思ってる)

組み替えや合体などを駆使して高い飽和も出しやすい。


対応型ぷよらーの例
・momokenさん
・deltaさん

②速攻型・中盤ヤクザ型(白虎)

威圧的な形を作り、相手の隙を突く。
連結が多かったり、マルチ保持の土台をよく用いるのが特徴。

攻撃的な型。

相手のテンポを崩しやすいが、ちぎり意識の高さと効率的なぷよ捌きが求められる。

速攻型・中盤ヤクザ型ぷよらーの例
・くまちょむ
・Tom

③特殊型(朱雀)

超絶不定形や難解な手順で相手の凝視リソースを奪う。

その時々の最善手を常に探し、高い飽和も狙える特殊な型。

この型を扱えるぷよらーは数少ない。

特殊型ぷよらーの例
・ぴぽにあさん
・popoさん

④カウンター型(玄武)

端を高く積み上げることで潰し耐性を上げる。

速攻や中盤ヤクザに強い型。
その反面飽和が削られやすく、意外と扱いは難しい。

カウンター型ぷよらーの例
・kamestryさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました